認知症の母が魚焼きグリルでパンを焼き、発煙。 やめさせた方法とは。

困りごと

こんにちは、keiです。
週に3回、1時間かけて実家に通っています。
実家には、認知症で要介護2の母とステージ4の癌を患っている父、兄夫婦が暮らしています。

認知症の母が魚焼きグリルでパンを焼き、発煙。

ある日、いつものように実家を訪れるとリビングが煙で充満していました。
そして焦げ臭い。

父はテレビの前に座り、焦げ臭いから窓を開けると訴える私に「そうか?」という返事。 
84歳の父は認知症ではありませんが、周りのことをあまり気にかけなくなってきています。

認知症の母は真っ黒に焦げたパンを片手に私を見てにっこり笑っていました。 

今まではオーブントースターでパンを焼いていましたが、
母がキッチンペーパーと一緒にパンを焼いてしまい、発火。
仕方なくオーブントースターを撤去し、ポップアップ式のトースターを購入。

しかし、新しいものは認知症の母には使えません。
オーブントースターがないならと、ガスコンロの魚焼きグリルでパンを焼こうとしたらしいのです。
魚焼きグリルを使って、ちょうどいい焼き加減でパンを取り出すなんて、母にはとても無理。

このままではまずい!
火事はなんとしても避けなければ!
母が簡単に使えないようにできないか!

こうやってガスコンロを使わせないようにしました

まずは、

ガスの元栓を閉めよう

と思ったのですが、20年以上前に購入したビルトインのガスコンロのため、元栓が固まって動きません。

そこで、ガスコンロの操作盤に小さい子供がいたずらしないためのチャイルドロックのようなボタンを探したのですが、見当たりません。

ダメもとでガスコンロのメーカーに電話して聞いてみたところ、ありました。
すっごく小さいロックボタンが。

<コンロ左側><コンロ右側>
写真ではすごく見えづらいですが、〇のところがロックボタンになっていて、その横に「ロック」と書かれています

今回、母が魚焼きグリルを使うことだけをやめさせたいので、コンロ右側だけロックしました。
果たしてこれで解決するのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました